ごあいさつ

創業当初から、当社独自に開発した技術・ノウハウを最大限に生かし、
スープやたれ、ソースなどを製造するOEMを手掛けてまいりました。

タンゼンテクニカルプロダクトの基本理念である
『お客さまに感動と驚きを与える』という思いは、
徹底して食べる人の健康を考え、本物だけに許された信頼から、
「本当のおいしさ」につながるというコンセプト。

食品に一番大切な安心・安全を最優先に、
添加物に頼らない製品作りに取り組んでいます。

また、当社の製品は常温のままおいしさをそのままに保存できることから、
緊急災害時などの非常食としても大変すぐれており、
食を通じての社会貢献や
全てのステークスホルダーの皆さまに喜んでいただける企業を目指しています。

日々進化し続ける技術や製品開発にかかせないものは「人を育てること」。

ゼロからの出発にひるむことなく取り組む姿勢は、
やがて大きな感動を呼ぶような製品につながっていくと考えています。

ほかでは作ることができない『本物のおいしさをいつまでも』という真心と
『おいしさは感動につながる』理念を貫き、
これからも皆さまに長く愛される製品作りを追求してまいります。

代表取締役大湯晃弘

インタビュー

おいしいスープ作りにかかせない素材の厳選や、
添加物に頼らず、素材本来の味わいをそのまま生かせる技術で、
お客さまにおいしさの感動と驚きを感じていただこうという理念で、
日々努力を重ねています』と語る大湯社長。

ここで、スープ作りに情熱を注ぐ
タンゼンの思いとは何か。

  • ライター
    スープを作る上で、こだわりはありますか?
  • 大湯
    北海道は良質なスープの材料となる農作物の宝庫。食の安心・安全は、作り手の顔が見える地元のものが一番と考えております。今後も全道くまなく足を運び、よりよい素材選びを追求してスープ作りに生かしてまいります。
  • ライター
    昨今では手間のかかるスープを家庭で作る機会が少なくなっているように思います。スープに込められた食卓のビジョンをお聞かせください。
  • 大湯
    タンゼンのスープ最大の魅力は、添加物を加えず安全に保存できること。長期保存ができるこの技術は当社だけのものです。安心して食べられる美味しいスープが、テーブルの中心にあってほしいと願い、小さなお子さんからご年配の方まで、すべてのお客さまに長く愛されるスープを目指して商品開発に取り組んでいます。
  • ライター
    タンゼンの製品の代表格ともいえる名店「らっきょ」のスープカレー。お店の味を再現することの苦労話 などございますか?
  • 大湯
    当社は創業以来、数多くの飲食店のOEM開発に取り組んでおります。化学調味料などを使わずに、お店本来の味を再現するには、素材から本物の材料を使うことに尽きます。味に納得がいくまで研究を重ねるには、技術者を育てることも大切だと考えています。
  • ライター
    今後、新商品開発などがございますか?
  • 大湯
    健康志向の高まりとともに、品質のよいものを食べようというお客さまが増えています。また海外には、日本とは違う現地の食材があり、新しいスープ作りの可能性は無限大です。安心して食べられるスープ作りにチャレンジしたいという同じ思いの企業と業務提携を考え、当社の技術を伝承し、それを輸入できるまでになればと考えています。

会社概要・沿革

社 名 / 株式会社タンゼンテクニカルプロダクト
設 立 / 平成8年8月27日
所在地 / 本社工場
〒061-3271
北海道小樽市銭函5丁目52番11
TEL:0133-74-8651
FAX:0133-74-8652

第2工場
〒061-3271
北海道小樽市銭函5丁目57番3
TEL:0133-74-8641
役員 /
  • 会   長  大湯  司
  • 代   表  大湯 晃弘
  • 常務取締役  大湯 典子
  • 監 査 役  三上 圭子
資本金 / 1,000万円
従業員数 / 39名(平成29年8月31日現在)
事業内容 /
  1. 生鮮食品、加工食品、冷凍食品の製造、販売及び輸出入
  2. 麺類、パン、菓子、惣菜、漬物、乾物等の食品の製造、販売及び輸出入
  3. 各種スープ、たれ、調味液、ソース等の製造、販売及び輸出入
  4. 麺類、各種スープ、たれ、調味液、ソース等の製造技術の指導及び業務委託
  5. 農産物、畜産物、水産物のエキスの製造、販売及び輸出入
  6. 食品添加物の製造、販売及び輸出入
  7. 日用品雑貨の販売及び輸出入
  8. 飲食店の経営
  9. 食品の物流情報の収集処理及び情報提供サービス業
  10. 不動産の売買、賃貸、仲介、斡旋並びに管理
  11. 前各号に附帯する一切の業務